燃費向上のために心がけること

燃費が悪く、ガソリン代が高くついたりしてなかなか満タン給油できないという方のために燃費向上のためのひと工夫をご紹介します。
タイヤの空気圧はこまめに点検しましょう。
空気圧が減ると、よりアクセルを踏まないといけなくなり、結果的に燃費を悪くする原因になります。
自転車などで考えると、タイヤがパンクすると、ペダルが重くなって、こげなくなるのと同じで、空気圧が減れば減るだけ、重くなって余計な力がかかってしまいます。
理想的しては、月に1回程度、ガソリンスタンドなどで給油のついでに空気圧を点検してもらいましょう。

次に、加速に気を付けよう。
ついつい、信号待ちなどで発進するときアクセルを踏みすぎていませんか?
アクセルを踏みすぎると、余計に燃料を消費し、燃費を悪くしてしまいます。
そのため、発進時の加速については、なるべく踏みすぎには気を付け、さらに一定に踏み込むようにしましょう。
踏み込んで緩めて、また踏み込んでという加速の仕方をされる方もいますが、一定に踏み込むよりも余計に燃料を消費してしまいます。
車によって回転数などは違うので、これぐらいとは言えませんが、目安としてエンジン音がうならない程度の踏み込みが1番ベストだと思います。
そして最後に、給油を少しばかり少なめにしよう。
ガソリンを給油する際、思わず満タンにしがちですが、
ガソリンを満タンにすると、それだけ重量が重たくなり、結果的に燃費が悪くなります。
そして、満タンにしてもあんまり乗らなかったりして、給油の間隔が長期になってくると、ガソリンも時間がたつにつれて劣化していくため、効率が悪くなり、燃料が悪く原因になります。
理想は、乗る分だけガソリンを入れて走るのが1番いいのではないかと思います。

まとめとして、月に1回の空気圧の点検を行い、加速時は踏みすぎないようにして、なるべく短い期間で給油できるように調整しながらのると、きっとけ燃費もよくなり、結果的に乗れると思います。
1度考えながら乗ってみてください。